蹴上げ

階段の一段の高さのことをいいます。建築基準法では23㎝以下と決められていますが、高齢者や体の不自由な人が居る家庭では低く作った方が良いでしょう。蹴上げや踏み面の大きさだけではなく、階段そのものの傾斜も重要です。急傾斜の場合転倒したりした場合かなり危険度が高まります。

蹴上げ

蹴上げ

カテゴリー: お役立ちリフォーム・建築用語集, 建物の構造   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。