踏み面

階段の上り下りする時の足を乗せる水平部分の奥行の踏み代のことをいいます。足を乗せる部分なので建築基準法では15㎝以上と決められていますが、これは実用上は狭すぎます。階段の安全性を確保するには最低でも20㎝~30㎝は必要です。

踏み面

踏み面

カテゴリー: お役立ちリフォーム・建築用語集, 建物の構造   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。